Surprise! Land Rover confirms two-door LRX for production

ランドローバー「LRXコンセプト」市販車の完成予想イメージ
ランドローバー「LRXコンセプト」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック


ランドローバーは今月24日、2008年のデトロイトモーターショーで好評を得た「LRXコンセプト」について、市販車の生産開始を決定したと明かした。我々が待ちに待っていたニュースだ。この新型コンパクトSUVは2011年に市場に登場するとのこと。英国生まれの自動車メーカーであるランドローバーからは、この新型車の正式な車名はまだ発表されていない。しかし、「レンジローバー」のラインナップに加わるモデルとなることは間違いなく、「レンジローバー」のプレミアムモデルとして世に送り出されることになりそうだ。

今回ランドローバーは、クーペの風貌を持つこの新型車について、車名だけでなく、パワートレインの詳細も公表しなかった。分かっているのは、「ランドローバーの歴史上、最も小さくて軽い、効率性の高い車になる」ということだ。以前に入手した情報によれば、この新型車は「LR2」(欧州での車名は「フリーランダー2」)のシャシーをベースに、全輪駆動方式のハイブリッドパワートレインの設定も想定される。これは後輪が電動モーターで動き、前輪がボンネットに収められた横置きエンジンで駆動するシステムだ。

生産開始の発表と同時に入手した新型車の完成予想イメージ(メイン画像)によると、フォームはおおむね「LRXコンセプト」の外観と変わらないようだが、画像には描かれていないドアハンドルの装備次第で外観に多少の変化が加えられることになるかもしれない。詳細は2010年初旬に明らかになるという。その前に、まずはランドローバーからの公式プレスリリース(英語)をチェックしてみよう。

Related Gallery:Land Rover LRX Concept