Frankfurt 2009: 2011 Mercedes-Benz E-Class Wagon

2011年型メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴンの高解像度ギャラリーは下をクリック

「もっと新しいステーションワゴンを出してくれ! もっとカッコいいステーションワゴンが欲しい!」と、心の中で繰り返し唱えているアメリカのオートジャーナリストは大勢いるはずだ。15日からフランクフルトモーターショーが開催されているが、町中で10台以上のアルファロメオ 156スポーツワゴンを目にすると、そんな心の声が否応なしに高まってくるのだ。残念なことに、欧州の自動車メーカーの多くは、米国市場のステーションワゴンへの渇望を完全に無視し、我々に肩透かしを食らわせるのを楽しんでいるような気がする。だが、そんな大方の欧州メーカーを尻目に、メルセデスだけは我々の意を汲み、かなり魅力的な新型Eクラス ステーションワゴンを発表してくれたのだ。

現時点では、この新型ステーションワゴンは、出力261psの3.5リッターV6エンジンを搭載した現行のE 350 4MATICの改良モデルに過ぎない。しかし、500ps以上を誇るAMG6.2リッターV8エンジンを搭載し、一段と速さを追及したEクラスワゴンが登場する日もそう遠くないはずだ。そして、その多くは裕福な家庭のファミリーカーとして購入され、小学校へ子供の送り迎えをするお母さんたちが運転するようになるだろう。とりあえず今のところは、メルセデスが新型ステーションワゴンの開発に力を注いでいるという事実を素直に喜ぶとしよう。

Related Gallery:The Settlers Online (Gamescom 2013)