Frankfurt Preview: Audi e-Tron electric supercar gets early web unveil

アウディのコンセプトカー、e-Tronの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

アウディ・オブ・アメリカのヨハン・ダ・ネイスン社長が、ディーゼルは電気に代わる未来の燃料だという発言をしたばかりであるが、結局のところ、アウディは電気自動車の開発を急いでいるようだ。というのも、アウディは今回のフランクフルトモーターショーで、電気自動車のスーパーカーをコンセプトカーとしてデビューさせるという。アウディからの正式発表はまだないが、すでにウェブ上では、さまざまな憶測とともに興味深い画像が流出している。

e-Tronと呼ばれる環境に配慮したアウディのスーパーカーは、アウディ「R8」をベースにしている。R8との違いは、閉ざされたフロントグリル、C型のLEDヘッドライトが取り付けられたフロントとリア部分、ユニークなマルチスポーク ホイールなどが挙げられる。その中でも最も顕著な違いは、R8のトレードマークであるサイドブレードが取り付けられていないことだろう。R8ファンには寂しいところだが、このコンセプトカーにとって、エアロダイナミクスは一番重要なポイントなのだ。

ドライブトレインについても詳しいことはまだ分かっていないが、e-Tronが電気のみを使用したドライブトレインになることは間違いなさそうだ。さっそくギャラリーで、e-Tronの写真をチェックしてみよう。

Related Gallery: