Frankfurt Preview: More on Toyota's new lithium-ion Plug-in Prius

トヨタ「プリウス」 PHEVの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

プリウスのプラグインハイプリッドモデルが、15日(一般公開は17日)から開催されるフランクフルトモーターショーにて初公開される。それに先駆け、新たに入手した写真と詳細情報を紹介しよう。

予想通り、プラグインハイブリッドの新型プリウスにはリチウムイオン電池が搭載されているようだ。従来のハイブリッド走行システムに改良を加え、EV(モーター単独)モード走行時の最高時速を約100km、走行距離を約20kmにまで向上させることに成功している。ここでは明示されていないが、加速も良くなっていることは確実だろう。さらに、その際排出される二酸化炭素の量が60g/km未満に抑えられている。

電池容量はまだ発表されていないが、フル充電に要する時間は230ボルト電源で1時間半ちょっと。トヨタは年内にはこの新型車を500台生産し、日本、アメリカ、ヨーロッパのフリートユーザー(タクシーやレンタカー会社など)に向けリースを開始する予定だ。なお、一般の顧客が購入できるのは2012年になる見込み。

Related Gallery:iPhone 2.0 AppStore