「グッドデザインエクスポ2009 クルマ出展関係」の高解像度ギャラリーは下をクリック

グッドデザインエクスポ2009が8月28日~30日に 東京ビックサイトで開催されたのでリポートする。 グッドデザインエキスポとは、グッドデザイン賞2次審査会後の会場を一般公開するアジア最大規模のデザインイベントだ。

身近な生活用品から乗用車や建築まで、私たちのくらしと社会をとりまく、デザイン2,000点以上が展示されている。 その中で自動車関係は、クルマの展示から、用品、部品の展示まで多数展示されていた。 洗練されたデザイン製品の中で、クルマの展示コーナーは今一つ人気がない。

混雑した会場内でもクルマの展示部分は閑散としている。

若者のクルマ離れがとりただされている昨今、確かにその面もあるだろうが、会場にいて感じたのは 最近の国産車は現実的なデザインが多く、みらい的なわくわく感のあるデザインのクルマがないということであった。

そんな中、人々の注目を集めていたのは、芸術系大学の出展ブースだ。 ブース内には意欲的なクルマのデザインが多数展示されており、 こんなクルマが売られていたら欲しいのにというものが多数あった。

将来、若きデザイナーが巣立って、みらいのクルマとしてこれらを実現するのを期待する。

Related Gallery:G-Mark Expo - Cars of the Future