ポール・エルキンズ氏が作り上げた、キャンピング自転車の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

毎年夏に1週間、ネバダ州北部のブラックロック砂漠で開催される巨大イベント、バーニングマン。様々なアートやパフォーマンスを披露したり、踊り明かしたりするこのイベントに、ポール・エルキンズ氏は自転車にトレーラーをつけた"キャンピングカー"ならぬ"キャンピング自転車"で駆けつけた。このキャンピング自転車の重さはおよそ45キロ。トレーラー部分の骨組みには、衛星放送用パラボラアンテナから取ったアルミパイプや小さなテーブル、一輪の手押し車を利用している。エルキンズ氏は「災害にあった際に、手持ちのものでなんとか生き残れるように、これを作った」と答えている。

エルキンズ氏はこのキャンピング自転車をオフロード用として製作したが(道路で使用することを想定したバージョンも考案している)、様々な装備が整えられている。太陽光を利用して、電池の充電や食物を乾燥させることができるほか、熱いシャワーを浴びられるし、夜でも(お手製のビーフジャーキーを片手に)読書を楽しむこともできる。アメリカが誇る最高級キャンピングカー、エアストリームよりもはるかに低コストで、これほど居心地がいいトレーラー(!?)が手に入るなんてまさに夢のようだ。読者のみなさんも、エルキンズ氏に負けない傑作を作ってみてはどうだろうか?
Related Gallery:Homemade Bike Trailer