1965年型「ダッジ・デオラ」コンセプトカーの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

本物の車を極端にデフォルメしたオリジナルデザインで知られる『ホットウィール』のミニカー。そんなミニカーが実物大になったような車が欲しいと思ったことがあるなら、今が手に入れるチャンスだ!

大手オークション会社「RMオークション」は、9月26日にロサンゼルスのピーターセン自動車博物館で開催される「スピード&スタイル」オークションに、1965年型「ダッジ・デオラ」を復元した車を出品すると発表した。ダッジ・デオラは、「ホットロッド」(米生まれのユニークなスタイルのカスタムマシン)のカスタマイズで有名なアレキサンダー兄弟が手がけた、世界に1台しかないピックアップトラック。1967年にカスタムカーの祭典「Detoroit Autorama」で、ベスト新カスタムカーに贈られるRidler Awardを受賞し、翌年ホットウィールのオリジナル・ミニカー16台に仲間入りした1台だ。

さて、この度出品されるダッジ・デオラは、「ダッジA100」をベースに作られている。車体の横にドアはなく、代わりにガラスのハッチが付いているという不思議なデザインだ。1960年代のフォード ステーションワゴンの後ろ部分が前に付いている、と言えばイメージしやすいだろうか。10年ほど前に、ショーカーとして誕生した際のスペック通りに復元されており、RMオークションでは日本円で3千万~5千万円の金額で落札されると見込んでいる。詳細はRMオークションによる商品説明 (英語)で
Related Gallery:Configure Tweetie for Instapaper