ABTのアウディR8 V10の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

新型アウディR8 V10に、これ以上チューンナップの余地はないだろうと思っていたが、これに黙っていられないのがチューナーメーカーというもの。完成度の高いR8にちょっかいを出したい一部のアウディ・オーナーのために、ドイツの世界的有名チューナー、ABT(アブト)Sportlineは、5.2リッターV10エンジンから絞り出される最高出力を76psアップし608psにした。また、美しく流麗なボディラインがもの足りないというオーナーのために、カーボンファイバー製のフロントスポイラーやサイドシル、リアエプロンやリアウイングなどのコンポーネントも用意している。さらには4本のエキゾーストパイプに、20インチのスポークホイールが5本装着されている。ここは、素晴らしいオプションを提供してくれたABTに感謝するところかもしれない。しかし、あまり我々には必要ないかもしれないが・・・。
Related Gallery:Line2 at CES