先月、ホンダのハイブリッドスポーツカーCR-Zに対抗し、トヨタがプリウスクーペを計画すると伝えられたばかりだが、続報が入ってきた。トヨタが新型プリウスのデザインをイタリアのカロッツェリアに依頼するというものだ。

ホンダのCR-Zのデザインやそのコンセプトは同社のハイブリッドカー、インサイトとは大きく異なっている。しかし、一方のプリウスクーペは、噂を信じるなら、4ドアのプリウスをベースに、約10センチ車体を縮めたタイプとなるようだ。

ピニンファリーナやジウジアーロのイタルデザインなど、数々の魅力的な車を生み出した有名カロッツェリアがデザインを手掛けるらしいが、プリウスクーペは「従来のプリウスとさほど変わらないもの」になりそうだ。