ナビに自分の好きなキャラクターや有名人の音声をダウンロードできるのは面白い。しかし、映画『スター・ウォーズ』シリーズのヨーダやテレビアニメ『シンプソンズ』のホーマー、カリフォルニアのアーノルド・シュワルツェネッガー州知事などの声はもう聞き飽きてしまった、という人もいるかもしれない。そんな人たちに朗報だ。ロック界の大御所、ボブ・ディランの個性的なハスキーボイスが、近いうちにカーナビの音声案内として聞けるようになるかもしれない。つい先日、ボブ・ディランがDJを務めるラジオ番組『Theme Time Radio Hour』で、本人自らがこう明かした。

「自動車メーカー数社と、俺の音声をカーナビに使う話をしているんだ。みんなが道を探している最中に、俺の声が聞こえてくるっていいだろ?"次の道を左だ。いや、右だったかな。とりあえず、まっすぐ進んどけ"なんてね。だぶん、道案内は俺には向いてないな。だって、どの方向に行っても、俺のたどりつく場所は『ロンリー・アヴェニュー』ただ一つだから。だけど俺はロンリーじゃない。レイ・チャールズが待っていてくれるさ」

想像してみよう。我々が道に迷った時、ボブ・ディランのセクシーな声がカーステレオから大きく聞こえてくる。「どんな気分だ?帰る方向もなく、独りでいるのは。君を知る人など、もう誰もいないみたいに」。なんて、『ライク・ア・ローリング・ストーン』の歌詞が飛び出したら最高だ。