2010年モデル ポルシェ911 GT3カップの高解像度ギャラリーは下をクリック

ポルシェ911 GT3カップは、ワンメークレースには欠かせないレーシングカー。なぜならこのGT3カップを使用する数々のレースシリーズが世界各地で開催されているからだ。そして今回、そんなGT3カップのニューモデルが発表された。

GT3カップは911 GT3 RSをベースとしたモデルで、ボディはGT3 RSよりリアフェンダーがワイドになり、またフロントリップスポイラーを低くしたことで、より強力なダウンフォースが実現した。その他にも、改良されたレーシングエグゾーストシステム、幅を広くしたホイールアーチに収納したレーシングタイヤやサスペンションの強化など、様々な点において911のハードコアモデルであるGT3 RSのレース性能を向上させている。

また新しいステアリングホイールにはインフォメーションディスプレイ用のコントロールスイッチ類が設置され、前後の位置調節も可能となった。更に、F1のサポートレースとして開催されるポルシェ・モービル 1・スーパーカップ参戦用の車両には、ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ(PCCB)を採用している。

3.8リッターの水平対向6気筒エンジンは公道走行可能なGT3 RSのエンジンを引き継いでいるが、排気量も出力もアップしている。ボディカラーはキャララホワイトのみ、価格は約2000万円と、簡単には手を出せないのが残念だが...。GT3カップは9月のフランクフルトモーターショーでデビューすることが決定したので、現地からブログに写真を掲載する予定だが、それまではプレスリリース(英語)で詳細をチェックし、下の高解像度ギャラリーでGT3カップの画像を楽しんでほしい。
Related Gallery:SPOT Connect for iPhone