ミズーリ州にあるハマーのディーラーの写真は下の画像をクリック

アメリカでは日常的によく行われているセット販売。その代表的なのがハンバーガーとポテトフライだが、こうしたアイデアをいかして、なんとハマーと拳銃を同じ店舗内で売り出すディーラーが現れた。

ガソリン価格の高騰や経済の悪化、そしてエコへの関心が高まるなどいくつかの原因が重なり合ったとはいえ、ハマーの販売台数の落ち込みは深刻だ。そんな中、ミズーリ州セントルイスの郊外にあるハマーのディーラーを経営するジム・リンチ氏は、店舗内のスペースを十分に活用できていないことに気づいた。その解決法として編み出したのが、拳銃と弾薬をハマーのショールームで売るアイデアだった。リンチ氏によれば、「自然な成り行きさ。うちの顧客はスポーツを楽しんだり、拳銃も扱うアウトドア派が多いから、大当たりだよ」ということだ。

つまり、全ては顧客を第一に考えてのことらしい。また、リンチ氏は「我々には、顧客の満足度を優先し、ショッピングの環境を整える使命がある。うちの店では、1995年に初めてインターネットでハマーを販売して以来、長年、Adventure Accessoriesのウェブサイトでオフロードパーツやアクセサリーの販売を続け、オンラインセールスの第一人者としての実績を積み上げてきた。我々はそのノウハウをいかして、拳銃や関連商品のウェブ販売にも乗り出すつもりだ」と自信たっぷりに話してくれた。

アウトドア派で銃にも関心のある人は、ぜひGunsAndHummers.comをのぞいて見てほしい。店内には、シグ/ザウェル、コルト、ベレッタ、ワルサーなどの小銃が各種取り揃えられている。詳しくはプレスリリース(英語)をチェック。次は、ミニクーパーとスターバックスの共同店舗なんていうのもいいかもしれない!
Related Gallery:Lynch Hummer dealership in Chesterfield, Missouri