ここ数カ月、高級車ランボルギーニ・レヴェントンにオープン仕様が加わるという噂が広まっており、少し前には、一部の顧客を集めて試作段階の車を公開したという報告もあった。そして今回、関係筋から得た情報によれば、レヴェントンのオープンモデルであるレヴェントン・ロードスターが来月のフランクフルト自動車ショーで発表されるようだ。

この車に関する詳細は分かっていないが、生産台数は10台程度で、最高出力670psを出すムルシエラゴLP670-4スーパーヴェローチェのエンジンが搭載されるとみられている。ランボルギーニは、最先端のボディパネルと派手な装備でムルシエラゴの価格を1億円の大台に乗せたが、レヴェントンのルーフを切り落としたレヴェントン・ロードスターの価格もどうやら1億円を切ることはなさそうだ。

レヴェントン・ロードスターがフランクフルトで盛大に発表されると噂される一方、ランボルギーニは先日話題に上ったガヤルドLP550-2バレンディーノ・バルボーニをまだ公式発表していない。以前、ランボルギーニが宣言した「メジャーなモーターショーで毎回、新モデルを発表する」という約束を同社が果たすとすれば、レヴェントン・ロードスターのお披露目はもう少し先になるかもしれない。