2010ポルシェ911 GT3 RSの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

ポルシェは、最新の911ターボの発表に続き、2010年型911 GT3 RSの詳細と写真を公表した。911 GT3 RSは、911 GT3をベースにしたニューモデルで、自然吸気の3.8リッター 水平対向6気筒エンジンを搭載(現行は3.6リッター)している。それによって、最大出力は従来のGT3よりも15psアップした450psを実現。そして我々の期待どおり、GT3よりもさらにクロースレシオ化が施された6速マニュアルのトランスミッションを介し、卓越した動力性能を達成している。

ハンドリングについても、おなじみのポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントシステム(PASM)を採用し、大きめのホイールアーチで前後のトレッドを拡大するなど、かなりの改良がみられる。さらには新たに開発されたダイナミックエンジンマウントシステムによって、路面条件やドライビングコンディションに合わせ、エンジンマウントの硬さや減衰力を調整することが可能となっている。

外観に関していえば、新型RSはセミレーシングカーを強く意識したルックスとなっている。ポルシェの徹底的なレース仕様へのこだわりによって、新しいカーボンファイバーの大型リアウイングが設置された。また、各部の軽量化も徹底しており、軽量のチタニウムエグゾーストシステムを採用しているほか、オプションのリチウムイオンバッテリーにすれば、通常のバッテリーよりも約10kg軽くすることができるという。9月に行われるフランクフルトモーターショーでの正式発表が待たれるが、アメリカでの販売価格は1,250万円くらいになるようだ。もっと詳しく知りたい方は、プレスリリース(英語)もあるのでチェックしてほしい。もちろんギャラリーの写真も要チェックだ。
Related Gallery:2010 Porsche 911 GT3 RS