映画『トランスフォーマー』のキャラクター"バリケード" として製作された「サリーンマスタング」の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

映画『トランスフォーマー』の主役であるサム・ウィトウィッキーには羨ましいことに、ミーガン・フォックス扮するミカエラという恋人がいる。残念ながら、我々がサムになるのは不可能だが、映画に登場する車を所有することならできる。今回、シリーズ第一作目に登場したキャラクター"バリケード"として実際に使用されたサリーンマスタングがオークションにかけられ、ある幸運なコレクターが実物を手に入れたのだ。

オークションに出品されたのは、撮影に使われた『バリケード』の3台のうち1台。この車のベースとなったのは、フォード・マスタングの最上級グレードであり、4.6リッターV8エンジンを搭載した6速MTの「サリーンS281エクストリーム」である。映画会社ドリームワークスSKGの製作者たちは、このサリーンマスタングにプッシュバーや赤色燈を装備させ、ドアを付け替え、さらには車体にステッカーを貼り付けて、悪の軍団ディセプティコンのパトカーを作り上げたのだ。このサリーンマスタングの走行距離はわずか7323キロで、損傷は少なく状態は良好だった。入札額は約9万5000円からスタートし、落札額は約341万円となった。査定額の約946万円~約2839万円にはほど遠かったが、 "バンブルビー"として映画に登場したシボレー・カマロよりは高値がついたのだから、まあ、良しとしよう。
Related Gallery:Barricade Saleen Mustang from Transformers