ビデオを見るには下をクリック

フォード・マスタングが初めて世に送り出されたのは1964年。以来、ポニー・カーの愛称で親しまれ、モデルチェンジを重ねてきたマスタングは、今年で45周年を迎え、当時の開発責任者でありフォード社の社長も務めたリー・アイアコッカ氏が特別限定モデルをプロデュースした。トランクに"アイアコッカ"とかたどられたエンブレムが付いた同車は、わずか45台のみ販売される。斬新なフロント部、くぼんだデザインのヘッドライト、そしてフォードレーシングの「ハンドリング・パッケージ」を備えるなど、アイアコッカ氏の意向を多く取り入れた仕様となっている。

今回この最新マスタングを売り込むため、アイアコッカ氏はフランク・シナトラの曲と南カリフォルニアの風景をバックにした45周年記念のCMを製作した。下をクリックすると、軽快な走りでアイアコッカ・マスタングがロサンゼルスを駆け抜ける映像が見られる。巧みなブレーキ操作とその勇姿に女性たちがあこがれのまなざしを向けるという設定のようだ。最後にはウィンドウが下りてアイアコッカ氏本人が登場するので、必ず最後まで目を離さず見てみよう。

Related Gallery:Iacocca 45th Anniversary Edition Ford Mustang - Live