アルファロメオ8C Competizioneの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

情報の入手が難しいとされているアルファロメオ。世界で最も格好いいはずのそのフロントが、まるで"牛乳ヒゲ"をつけたかのように白くなっている写真が届いた。 これは、アルファロメオの新作8C GTAの外観が実際どんなものであるか、あまりにも情報がなかったため、イギリスで人気の自動車雑誌が画像を編集して作成したものである。冗談はさておき、アルファロメオは、来年の100周年記念を祝して、カーボンファイバーを多用した8C Competizione(8C コンペティツィオーネ)の改良型8C GTAを発売する。



Related Gallery:2009 Alfa Romeo 8C Competizione




特殊な素材を使い、既存の8C Competizioneよりも約136kg軽量化されるという、その8C GTA。新しい電子制御ユニット(ECU)も装備され、フェラーリF430がベースの4.7リッターV8エンジンが生み出すパワーは約506psだそうだ。すべてのパワーは、オプションのカーボンセラミックブレーキによって制御され、GT用にチューニングされた既存の車より、硬めのサスペンションになるとみられる。

このような話を聞くと、アルファロメオが再びF1に参戦か?と期待してしまう。気になる販売価格は、約2800万円。わずか100台の限定生産だ。来年3月のジュネーブモーターショーに現す姿を楽しみにしたい。もっとも、フロントの"牛乳ヒゲ"はないだろうが...。



アルファロメオ購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!