レクサスLF-Aの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

新社長が就任し、新体制となって再出発したトヨタは、世界一の自動車メーカーとしての存在感をすぐにも取り戻さなければならない。そこで、トヨタは「運転して楽しい車」を作ることに立ち戻り、長年無関心であったスーパーカー市場に、新型車を投入する計画を発表した。これが刺激となって、いまひとつ面白味のない他のメーカーのラインナップにもスポーティーなモデルが加わって欲しいものだ。

Related Gallery:Legendary (06-23-08)





「深刻な不況が続き、自動車業界はこれまでにないほどの試練の時を迎えています」と語るのは、新社長に就任した豊田章男氏。そして「トヨタを成功に導いてきた"高品質な車を手ごろな価格で消費者に提供する"という従来の在り方を取り戻したい」と語った。

現在トヨタが開発を急ピッチで進めているスポーツカーは2種類。1つは、これまで開発が遅れていたレクサスLF-A。もう1つは、以前autoblogでも報告した「お手てごろ価格なスポーツカー」をコンセプトにスバルと共同開発で進めているモデルだ。これは今後数年内での生産が予定されている。新しい試みに期待しよう!


レクサス購入を考える前に!まずは愛車の現在価格を調べよう!