先月のハンガリーGP予選で負傷したフェリペ・マッサに代わり、今月後半に開催されるヨーロッパGPから出走することになったミハエル・シューマッハについての続報をお届けしよう。ドイツの日刊紙『Die Tageszeitung(ディー・ターゲスツァイトゥン)』によると、既に巨万の富を得ているシューマッハだが、今回の代役で1レースにつき約1億3700万円を受け取るようだ。

これに加え、もしシューマッハが優勝を飾った場合、更に同額のボーナスが支払われるという。今シーズンに入ってから、まだ一度も表彰台の真ん中に立っていないフェラーリにとって、この金額は決して破格ではないのだろう。シューマッハはまた、現在フェラーリと交わしているアドバイザー契約を、現行と同じ年俸6億8500万円で延長するのではないかとも報じられている。

また、シューマッハがフェラーリの今季マシンF60をテストできる機会は、ヨーロッパGPのフリー走行までお預けとなりそうだ。フェラーリはテスト禁止期間中にシューマッハがF60をテストできるよう、FIAと他チームに要請していたが、ウィリアムズ、レッドブル、トロロッソが反対したため実現は困難と見られていた。なお、フェラーリはこの件に関し、公式サイトで強い不満の意を表明している