アストンマーティンLMV/Rの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

アストンマーティンが、今シーズンのレーシングカーとして開発した「ヴァンテージ GT4」は、サーキットで素晴らしい走りを見せているようだ。そんなヴァンテージで公道を走ってみたいという読者に朗報がある。アストンマーティンと米チューナーブランドElite社が、ヴァンテージのチューナーカー「アストンマーティンLMV/R(ル・マン ヴァンテージレーサー)」を発表した。この車は、ランボルギーニのガヤルド・スーパーレジェーラやフェラーリのF430スクーデリアのように、レーシングカーを市販車として発売したもの。ボディパネルや車の内部、ワイドになったフェンダー部分などにカーボンファイバーを多用して軽量化と強度の増加を図り、また、アストンマーティンにパーツを供給しているガルピン社風のホイールやチューニングを施したデザインとなっている。

しかし、エンジンなどの改良はない。強いて言えば生産台数が限定30台だということなのだが、気になる価格はなんと約1642万円とのこと。しかも、これはチューニング代金のみで、車体価格は別途というから驚くばかり。フロリダ州で製造されるそうだ。詳しくはプレスリリース(英語)と下の画像でチェックしてみてほしい。
Related Gallery:Elite Aston Martin Vantage LVMR