ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

もし、あなたがランボルギーニ・ガヤルドLP560-4のハンドルを握ったら、これ以上スポーティなモデルなどあり得ないと思うかもしれない。しかし、ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2バレンティーノ・バルボーニも決して負けてはいないはずだ。
名前のもととなった人物バレンティーノ・バルボーニほど、多数のランボルギーニで長距離を走った男はいないだろう。バルボーニは1967年からランボルギーニでテストドライバーを務め、1973年からはディアブロ、ムルシエラゴ、ガヤルドなどのプロトタイプに乗ってきた。つまり、ランボルギーニから発売されたモデルは全て"バルボーニの哲学に合致した"ことを意味し、どのモデルも、彼のお眼鏡にかなった特別なモデルと言えるはずだ。どれくらい特別なのかは意見の分かれるところだろうが、バルボーニがガヤルドLP560-2のテスト走行を行っている映像を見れば、 議論の余地はないだろう。ビデオで見られるのは一部だが、本当にすごい内容だ。ランボルギーニが宣伝用にカッコよく作っていると分かっていても、バルボーニの名前のついた車が作られるのも納得してしまう。ランボルギーニ・ガヤルドLP550-2バレンティーノ・バルボーニのビデオを見るには下のビデオをクリック。今すぐチェックを。

Related Gallery:Fallout 3 (10-01-08)


Related Gallery:Synaesthete