エド・コンペティションのメルセデスベンツ C63 AMGの高解像度ギャラリーは下をクリック

これまでエド・コンペティションがチューニングを請け負ってきた車は、フェラーリEnzo(エンツォ)やマセラティMC12といったスーパーカーばかり。それだけに、今回メルセデスベンツ C63 AMGのようなセダンをチューニングするとは意外だった。しかし、この名高いドイツのチューニングメーカーは、6.2リッターV8エンジン搭載のメルセデスに確かな可能性を見出したらしい。プレスリリースでも「C63の性能(最大出力約463psの最大トルク約61kgm)はまだまだ向上できる」と述べている。

C63 AMGをスーパーカーのレベルに引き上げるために、エド・コンペティションはヘッダー、ハイフローキャット、エア・フィルターなどエキゾースト・システムを改良し、ECUの調整も手掛けている。その結果、最高出力は約562psにアップし、最大トルクは約69kgmとなった。チューニング後のC63は、わずか4.3秒で時速100キロに到達し、最高時速は320キロが期待できるとしている。外観は、タイヤを19インチホイールに変更しただけだが、今後は要望に応じて対応できるとのこと。詳細はプレスリリース(英語)で確認していただきたい。
Related Gallery:Bomberman Ultra