スーパーカー・パレードのビデオは下をクリック

さあみんな、"ゴジラ・パーティ"だ!―― 試乗で借りていた"ゴジラ"、日産 GT-R の最新モデルを返す前日に、相棒のスティーブに乗せてほしいとせがまれたのがこのパーティの始まりだ。スティーブは車が届く2週間前からずっとこの調子。映像制作の仕事をしている彼はカメラを片手にやってきた。はっきりいって、すいているハイウェイをちょっと飛ばすだけで終わるつもりだったのだが、エンジェルスクレスト・ハイウェイへの分岐で車が詰まってしまった。今日は日曜日、"アマチュア・デー"だ。警察が見ていることもおかまいなしに、この断崖絶壁の道を飛ばそうとたくさんの車がやってくる。僕は、ゴジラが渓谷の道を攻める様を、スティーブに見せてやりたくなってしまった。そこから数キロ先を左に曲がったところに、エンジェルスクレストからエンジェルス・ハイウェイに抜ける道がある。そこならすいているはずだ。

その道で、一台のピックアップトラックの後ろに、スーパーカーが列をなしているのを発見! こんなことがあるから、僕は南カルフォルニアを離れられない。パレードは先頭から、「フェラーリF355スパイダー」「フェラーリF430スパイダー」「BMW M6」「ダッジ・バイパーSRT10」「フェラーリF430スパイダー」といった顔ぶれ。その光景に、僕たちの乗るゴジラもニンマリしたに違いない。結局、そのトラックが道を譲ってくれたのでパレード走行は終了。全車、全開モードに突入する。僕たちは遅いフェラーリの後ろで詰まってしまったが、それでも十分楽しめた。

パレードの一行は、その後ランチをとるために休憩。他のドライバーと「おそろいのフェラーリのシャツを着ればもっと速くなるかな?」などと談笑し、また車に飛び乗った。僕が「列の真ん中を走らせてもらう」と宣言すると、すかさずバイパーのドライバーが「ちゃんと付いて来いよ!」と叫んだ。ビデオはスティーブが撮影して編集したもの。ぜひチェックしてほしい。