ハーレーダビッドソンの2010年ニューモデルの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

アメリカンバイクの代名詞、ハーレーダビッドソンが2010年モデルのラインナップを発表した。9台のニューモデルをカタログに加えた今年は、ハーレーダビッドソンの106年という歴史の中で、もっとも多彩なモデルが揃った。だが、新型モデルというわけではなく、現行モデルのマイナーチェンジ版が目立っている。

中でも特に際立っているのは、純正パーツをあらかじめ組み込んだCVO(カスタム・ビークル・オペレーション)の4モデル、CVOファットボブ、CVO ソフテイルコンバーチブル、CVO ストリートグライド、そしてCVO ウルトラクラシック・エレクトラグライドだろう。大方の予想はつくだろうが、これらの高級モデルの価格帯は約240万円~340万円になっている。しかしその一方で、「スポーツスター」ファミリーには、約95万円以下というお手ごろ価格のバイクも全部で5モデルあるという。この他にも、古き良きアメリカのVツイン・エンジン ファンが求める価格帯のバイクも数多く取りそろえているのでご安心を。

下のギャラリーには、9台のニューモデルの写真を用意したのでチェックして欲しい。さらに興味のある方はプレスリリース(英語)も要チェックだ。

Related Gallery:BlizzCon 2008: Diablo 3