地球規模で環境問題に取り組まなくてはならないご時勢、どの自動車メーカーも自動車から排出される汚染物質やCO2の削減に知恵を絞っているが、ポルシェも例外ではない。カイエンにディーゼルやハイブリッドモデルを投入し、パナメーラにもハイブリッド車を加えるポルシェは、ついにエコカー分野に参入する決断をしたようにみえる。しかし、エコなポルシェが、従来のようにスポーツカーとしての豪快な走りを実現できるのであろうか。そこで、ポルシェが見つけた答えがこれらしい。バッテリーパックをフロントに、エンジンはリアに搭載したハイブリッドシステムだ。

アメリカの自動車情報サイトNextAutosから提供された、ポルシェ911のスパイショットを見る限り、フロントにはポルシェのエンブレムの代わりにバットマンのステッカーが貼られているが、そのボディは正真正銘の911。ここで、ディテールを見てほしい。フロントに稲妻マークが付いた奇妙な出っ張りが見える。このスパイショットを撮影したフォトグラファーの証言によると、911は音も無く、目の前を走り去って行ったという。ということは、このフロント部にはハイブリッドシステムのバッテリーパックの存在が推測される。

今後、カイエンやパナメーラにハイブリッドモデルを導入するということは、ポルシェの代名詞である911も含め、電気自動車の開発にも大いに興味を持っているということだろう。今回のスパイショットは、我々の興味を一層かき立ててくれた。そんなポルシェが、これからどういう方向に進んでいくのか非常に楽しみだ。