6年前、マーク・ウォールバーグ、シャーリーズ・セロン、エドワード・ノートン、ジェイソン・ステイサム、ドナルド・サザーランドといった豪華スターを集めてF.ゲイリー・グレイ監督が製作した映画『ミニミニ大作戦』は、1969年のマイケル・ケイン主演の同名映画をリメイクしたもの。その内容はオリジナル版とは掛け離れていたが、リメイク版にも使われていたシーンがある。MINIと警察のカーチェイスだ。そして今回、MINIを使うならイギリス人に任せろとでも言うように、BBCの人気番組「トップ・ギア」がこのカーチェイスを再現するというニュースが入ってきた。

主人公たちが何百万ドルもの金塊を車に積んで下水道を逃げ回るシーンは、1969年のオリジナル版にも2003年のリメイク版にも登場する。オリジナル版ではイギリスのコベントリー(当時、下水道施設は工事中)をイタリアのトリノに仕立てて撮影。リメイク版ではロサンゼルスが舞台となった。だが今回、「トップ・ギア」のクルーが予定している撮影地は北アイルランドのベルファスト。「トップ・ギア」ならではの型破りなシーンがたくさん見られそうで、今から楽しみだ。ベルファストでの撮影は地元の水道会社が働きかけたもの。2005年から約155億円をかけて進められているビクトリア朝時代の配管システムの大規模改修工事を周知する狙いがあるようだ。
なかなか面白い情報をありがとう!