ビデオを見るには下をクリック

英のテレビ番組「トップ・ギア」のラップタイム計測で、BMW M5はセダンの中で常にトップのポジションを独占してきた。しかし、その地位を脅かすライバル車たちが、最近、数多く出現している。中でも一番新しいライバルはJaguar XFRだ。番組ではこの2台のどちらが速いのかをコースと街中で対決させた。審査員は、お馴染みの出演者、ジェレミー・クラークソンである。

クラークソンは長い時間をかけてXFRを運転し、そのパワーと優れたハンドリングに驚きと喜びの声を上げていた。彼はXFRの快適な乗り心地について「衝撃を吸収し、とてもソフトで、まるで太った犬の上に座っているようだ」と表現している。 "太った犬"と呼ばれたXFRはBMWと重量はほぼ同じだが、その最高出力は510ps。パワーもトルク値もM5より大きい。下のビデオをクリックして、どちらが速いかじっくり観てほしい。