カストロール社製オートバイ用テストライダーロボット「Flossie」のビデオは下をクリック

今、世界中の人たちの注目を集めているものがある。それは、映画『ターミネーター』の世界をほうふつとさせるオートバイ用テストライダーロボット「Flossie」だ。姿かたちは掲載した写真のとおり。映画ではサイバーダイン社がターミネーターを開発したが、このFlossieはモーターオイルメーカーであるカストロール社がオイルの性能をテストするために開発したものだ。このFlossieなら、血の通った人間には耐え難いほど過酷な条件の中でもテストができる。

カストロールによれば、Flossieはどんな種類のバイクやスクーターにも適応でき、テストの内容に沿った、クラッチやスロットルワーク、シフトチェンジの操作を行ってくれるそうだ。一番の利点は、様々な性能テストを何度でも繰り返しできるという点。人間と違い、その繰り返しの作業に不平を言うことなく、安定した結果を毎回出してくれるのだ。

現時点では、Flossieが単独でバイクのバランスを保つことができないが、それが可能になる日もそう遠くはないだろう。そんな近未来の成功を待ち望みつつ、下のビデオ(英語)をクリックしてFlossieがバイクにまたがる姿をチェックしてみよう。情報提供者のアレックスに感謝!