Reiter Engineeringランボルギーニ・ガヤルドLP560 GT3の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

中身を知らない人にとっては、攻撃的なスタイルと高性能を誇るイタリアのスーパーカーという共通点だけで、フェラーリとランボルギーニは似たような車に見えるだろう。だが、その成り立ちはまったく違う。レーシングテクノロジーを駆使して生まれたフェラーリに対して、モータースポーツの観点から見れば、ランボルギーニはほとんどの部分でフェラーリに太刀打ちできないのだ。それを解消しようと、ランボルギーニはドイツのレーシングチームReiter Engineeringと手を組んできた。Reiterにはランボルギーニの車を一流のレーシングカーへと導いた経験と文句なしの実績がある。特にGT3クラスのレースでは、Reiterが手を加えたランボルギーニがタイトルを獲得し、世界のトップに君臨し続けている。そんなReiterが開発した最新GT3が、ついに我々の前に登場した。

Related Gallery:Reiter Lamborgini Gallardo LP560 GT3

ガヤルドLP560-4をベースにしたReiter LP560 GT3は、まさにコースを走るロケット。5.2リッターV10エンジンはGT3用に改良され、カーボンファイバーで覆われた軽量アルミニウムのシャシーによって、車重は約1190kgまで抑えられている。ダウンフォースは最適化され、シフトタイムは半分まで短縮。重量配分もバランスがいい。なんといっても魅力的なのは、ランクが上のGT2クラスのレースでも通用するよう簡単に改良ができるところだ。これならプライベーターにも優勝するチャンスが広がる。レーシングチームを勝利へ導くGT3スペックのモデルは約3500万円。GT2へのアップグレードには他に約400万円が必要となる。詳細はプレスリリース(英語)で確認を。

Related Gallery:Reiter Lamborgini Gallardo LP560 GT3