フィル・ヒルのジャガーC-TYPE 1952年モデルの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

来月、カリフォルニア州のペブルビーチで行われるオークション、『Sports & Classics of Monterey』に、すごい車が出品される。まさに「伝説」を手に入れるチャンスだ。このオークションには、新型「グランド・ベントレー」がお披露目されることが大きな注目を集めているが、話題性ではこちらも負けてはいない。なんと、ブガッティの創業者、エットーレ・ブガッティ氏が所有していた「タイプ57C」「Miller V16」、そして伝説の「ジャガーC-TYPE 1952年モデル」が売り出されるというのだ。

Related Gallery:1952 Jaguar C-Type #XKC-007 ex-Phil Hill

このジャガーC-TYPEはアメリカに輸入された第1号で、XKC-007モデルと呼ばれている。伝説のレーシングドライバーであり、のちにアメリカ初のF1ワールドチャンピオンとなったフィル・ヒルがハンドルを握り、エルクハートレイク、トレイパインズ、ワトキンスグレンで開催された3大会で勝利に輝いたマシンだ。中でもエルクハートレイクは、C-TYPEが参戦して初優勝を飾った歴史的なレース。その後XKC-007モデルはレースから引退し、さまざまなコレクターの手に渡った後、1986年に専門家によってフルレストアされた。また、クラシックカーの賞をいくつも受賞しており、2002年にC-TYPE登場50周年を記念して、フィル・ヒルと再会を果たしたのも記憶に新しい。ジャガーC-TYPEが出品されるオークションは、8月13日から15日にかけて開催される。詳しくはプレスリリース(英語)とギャラリーをチェックだ!

Related Gallery:1952 Jaguar C-Type #XKC-007 ex-Phil Hill