テムズ川でのジャンプは下のビデオをクリック

ロビー・マディソンが、世界でもっとも秀でた命知らずの天才ライダーとして、またその名声を確固たるものにした。7月13日の午前2時55分、ロンドンのテムズ川を、バイクから手を放し、バックフリップで飛び越えるという大技をやってのけたのだ。テムズ川にかかるはね橋 タワーブリッジが川から約30メートル上にはね上がったところで、橋の一方から踏み切り、反対側に着地するという、なんとも危険なパフォーマンスだ。


今回、時速約64キロの速度で走ってきてジャンプし、反対側の橋に絵に描いたような完璧な着地をきめたマディソンは、オーストラリア出身の27歳。ジャンプ台であるランプからランプへのロングジャンプで、現在、約100メートルの世界記録を持っている。また高さへの挑戦でも、昨年の大晦日に、ラスベガスのパリスホテルにある高さ約29メートルの凱旋門のレプリカ上に飛び移るという離れ業を成功させている。さっそくビデオをクリックして、テムズ川でのチャレンジングなジャンプを見てみよう。