日産デュアルインジェクター・システムの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

内燃エンジンは、まだまだ市場から消えることない――我々は以前からこう考えてきた。いずれ電気自動車に取って代わられるとは思うが、現在販売されている車のほとんどは内燃エンジンであり、バイオ燃料の後押しもあって、少なくともここ数年間は、この形勢が変わることはないだろう。その点を考えると、従来の4サイクルエンジンの機能がわずかでも向上するというのはいい知らせだ。

Related Gallery:TGS 2009 Floor Map

日産によると、新しく開発されたデュアルインジェクターの採用により、燃費がおよそ4%向上するという。わずかな数字だが技術的には大きな進歩だ。この新システムでは、各吸気ポートに1つずつ、1気筒あたり2つのインジェクターが設けられ、燃料を霧状に噴射する際の燃料粒径が従来より60%小さくなっている。その結果、燃焼効率のアップという効果が得られるそうだ。

性能の向上以外にもメリットがある。気筒内に直接燃料を噴射する直噴システムは、まだ新しい技術ということもあり、新たなパーツの開発などにコストがかかった。しかしデュアルインジェクター・システムなら、口径の小さなモーターで済み、同クラスの排気量の直噴エンジンよりもコストを約60%低く抑えることができるのだ。さらに、同システムの採用により、触媒中の貴金属使用量を従来の1/2にすることにも成功している。詳しくはプレスリリース(英語)をチェックしてほしい。