迷彩柄が施されたトラモンターナF1の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

オートブログの読者、デヴィッド・カイザーが驚きの画像を送ってくれた。それはスペインのユニークなスーパーカー、トラモンターナF1が迷彩柄に塗装され、スイスのアルプスで開催されたSt. Moritz Automobile Club主催のイベントに登場した姿だ。標高1707メートルというヨーロッパで一番、標高の高い場所にあるエンガディン空港で7月3日から5日に行われたそのイベントには、およそ50台の車と20機ほどの飛行機が登場し、マウンテンリゾートの町サン・モリッツを彩った。

デヴィッドの写真を見れば分かるように、大空をバックにしたトラモンターナはこの上なくカッコいい。V12エンジンにツインターボを搭載したトラモンターナF1だが、我々が今まで目にしたのはオートショーでの展示車のみで、走行する様子をとらえたことはなかった。しかし、写真からは、いかにも豪快なスピードが出そうな性能がうかがえる。

Related Gallery:Rare Holiday Dashboard Theme

チューリッヒに住む撮影者のデヴィッドによれば、空港の滑走路は1時間ほど閉鎖され、その間はスーパーカーの爆音がとどろいていたという。ちなみに、トラモンターナF1以外で走行したのは新旧のスーパーカーたち。アストンマーティンのザガートやベントレー コンチネンタルGTC、ジャガーのE-Type、さらに仰天すべきは復元されたロールス・ロイス ハリケーンも登場した。 

デヴィッドは走行するトラモンターナの感想を聞かせてくれた。「エンジン音がすばらしい。トラモンターナが近づくとその爆音しか聞こえなくなる。横を通過した時は、まさにジェット機が過ぎ去るときのようなキーンという甲高い音が鳴り響いた」。
下の高解像度ギャラリーで画像を、さらにリンクから詳細をチェックしてみよう。情報提供者のデヴィッドに感謝!

Related Gallery:Rare Holiday Dashboard Theme