Mike and MaaikeAutonomobileの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

工業デザインを手掛けるサンフランシスコのデザイン事務所Mike and Maaikeが未来の車としてatnmblautonomobileの略称、自律型自動車の意)のコンセプトデザインを発表した。その姿は車というより7人乗り移動リビングルームで、 Mike and Maaike は、"運転しないこと"が理想のドライブだと確信する人々にとって完ぺきなデザインにした、とうたっている。

Related Gallery:Need for Speed: Shift Ferrari Racing Pack

atnmblはインターネットができる全輪駆動の移動リビングルームと考えてもらえばいい。太陽エネルギーで走り、目的地を告げれば自動的にそこまで連れて行ってくれる。スピードや加速に重点を置かず、最短ルートを選ぶという方法で、キーコンセプトの"時間の節約"を実現。また、時間があれば景色のよいルートを通るように指示することもできる。運転する必要がないとすると、さて、車中では何をしよう?と思うだろう。 そこで用意されたのがインターネットに接続できるディスプレーで、カーシェアリングのためのアプリケーションをダウンロードできるソフトやSNS機能が備えられている。そして、うれしいことにドリンクバーもある。

Mike and Maaikeは、atnmbl2040年まで登場しないとしているので、キャンプ場へ行くのにソファから離れなければならない状況は、しばらく変わりそうもない。しかし、グーグルフォンのデザインを手掛けたデザイン事務所の製品となれば、ひょっとしたらグーグルのお偉方が関心を持ち、開発に協力してくれれば、もっと早く実現する可能性もある。atnmblの詳細プレスリリース(英語)で。