2011年型ポルシェ911の高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

スポーツカーの代名詞、ポルシェ911。モデルチェンジを繰り返すたびに、911は高性能のスーパーカーへと生まれ変わり、人々を魅了してきた。次世代ポルシェもその例外ではないだろう。

ドイツ・ニュルブルクリンクでキャッチされたのは、最新型911のプロトタイプ。シートメタルは現行モデル977型のもののようだが、ルーフとリアに違いが見受けられた。天井部はダブルバブルルーフが採用され、リアには大きめのウイングと、ダクトが追加されているようだ。拡大画像を見ると、リアウインドウ下部にシルが設置されているのが分かる。リアに搭載するフラット6(水冷4バルブ水平対向6気筒エンジン)の放熱を考慮してのことだろう。また、今回採用されたダブルバブルルーフがエアロダイナミクスに与える影響は、ずいぶん大きくなりそうだ。これまでの噂どおりであれば、次世代ポルシェ911のデビューは来年になりそうだが、我々としては今年9月のフランクフルトモーターショーでのお披露目を大いに期待したいところだ。

Related Gallery:Spy Shots: Porsche 911 with double-bubble roof