2010年型スパイカーC8 Aileronの高解像度ギャラリーは下をクリック

オランダの自動車メーカー、スパイカーは、今年3月に開かれたジュネーブモーターショーで、流線型のC8 Aileronを発表した。また、その1カ月後には、ニューヨーク国際オートショーで、同車の北米デビューも果たしている。しかし、2つのショーで披露目された車は、モーターショー向けにアレンジされた言わば「SHOW CAR」。昨年、ジュネーブモーターショーやペブルビーチ・コンクール・デレガンスで披露されたコンセプトカーをベースに作られており、そのデザインの美しさとユニークなパワートレインは、まさしく"走るアート"といった感じだ。

Related Gallery:Sengoku Basara (Captivate 2010)

今回、インターネット上に公開された写真には、ヨーロッパを走る赤いAileronの姿がしっかりと写し出されている。信頼できる筋の情報によると、この車が市販車の試作第1号とのこと。また、このモデルには、最大出力405PSのアウディ製4.2リッターV8エンジンが搭載されているということだ。このパワー溢れるAileronに乗れる日も、そう遠くはないだろう。高解像度ギャラリーで、他の写真もぜひチェックして欲しい。

Related Gallery:Sengoku Basara (Captivate 2010)