レゴブロックのトライアンフ デイトナのビデオは下をクリック

山ほどもあるレゴブロックを自由に使ってよいと言われれば、人は何でも作り出すことが出来る。その証拠がレゴで出来た実物大のバイク、トライアンフ デイトナ 1200だ。イギリス、バークシャー州のウィンザーにあるレゴランドにディスプレイされているこのマシンは、何千ものレゴパーツで組み立てられているのだ。特に素晴らしいのは、キャブレターとスロットルケーブルのリンケージを備えたエンジン部分で、非常に丁寧に作られている。

このカッコいいデイトナに本当に動くレゴ・エンジンを搭載すると、さらに本物に近づくのではないだろうか(笑)。そして原寸大のレゴブロックのオートバイには、それにピッタリのヘルメットも必要だ。例えばこんなヘルメットはどうだろう? さあ、さっそく下のビデオをクリックして、レゴ製のトライアンフ デイトナ 1200をよく見て欲しい。その他にも、レゴの達人たちが作り上げたカーファンのための作品を見たい方は、こちらのオートブログ記事も要チェックだ。