2010年型メルセデス・ベンツEクラス、コンバーチブルの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

現在、メルセデスのエンジニアたちは、フルモデルチェンジしたEクラスのカブリオレを9月のフランクフルトモーターショーでデビューさせるため日夜、心血を注いでいる。今回、彼らが熱い情熱を注いでいる「素晴らしいオープンカー」の最新ショットが手に入った。

Related Gallery:Crazy Taxi (Dreamcast Returns)

写真を見るかぎり、新型Eクラスのコンバーチブルは格納式のソフトトップとなっており、興味深いことにフロントウインドウの上部には引き込み式のウインドディフレクターが付いている。

アウディと同じようにメルセデスも、この新型コンバーチブルにリトラクタブル式のハードトップを採用していないということは、Eクラスクーペのグッドスタイルを維持しつつ、車両の装備重量を抑えているということだ。これは「走り」にもきっといい影響を与えるはず。この新型Eクラスのコンバーチブルが北米で販売開始される来年初旬には、バリエーションとしてV6とV8エンジンを搭載するモデルが登場すると思われる。