2011年型シボレー・ボルトの高解像度ギャラリーは下をクリック

ゼネラルモーターズ(GM)の新型プラグインハイブリッドカー、シボレー・ボルトは現在、ボディデザインの最終的な仕上げが行われている。しかしそろそろ車高や足回りといった、走りに直接関わる問題をクリアにしなければならない段階に来た。

これらを踏まえ、チーフエンジニアのAndrew Farahは、ボルトの市場における位置づけについて、興味深い発言をしている。ライバル車であるトヨタのプリウスやホンダのインサイトに対抗して、"ボルトのシャシーはその2台よりずっとスポーティだ"と語ったのだ。

さらに彼は、コンセプトモデルからのエクステリアの変更点についても触れている。例えば、フロント・フェンダーにあった充電ソケットを、従来の車の給油口と同じ位置に配置した点などだ。しかしヘッドライトやテールランプなど、エクステリアの細かい変更点に関しては現時点で詳細が決まっていないという。

取材した記者のコメント: ボルトは今年の夏、酷暑地での耐久テストを行う予定らしい。

Related Gallery:E3 2010 Prediction Bingo: Microsoft