理研BSI-トヨタ連携センター(BSI-TOYOTA Collaboration Center: BTCC)が開発したBMI技術を駆使した車椅子の高画像度ギャラリーは下をクリック

映画『X-MEN』に登場するプロフェッサーXのように超能力を使えなくても、頭の中でイメージするだけで操ることができる車椅子が誕生した。

Related Gallery:The 3rd Birthday (PSP)

開発したのは、2007年にトヨタ、理化学研究所、豊田中央研究所、コンポン研究所が共同で設立した脳科学と技術の統合を目指した研究組織「理研BSI-トヨタ連携センター(以下、BTCC)」。BTCCでは研究の1つとして、高齢者や身体の不自由な人たちのために、Brain Machine Interface(以下、BMI)という脳波を読み取る技術を組み込んだ電動車椅子の開発に取り組んでいたのだ。

このBMI技術によって動く電動車椅子は、脳派を解析し、イメージした動きの信号を感知して電動車椅子を動かす。

トヨタによれば、脳波解析にかかる時間はわずか0.125秒。また、現時点で制御可能な3種類の命令、「前進」「右折」「左折」に対する認識の信頼度も95%だそうだ。ところで、この技術が進歩すれば、いつかは車をペダルやハンドル無しで運転できるようになるのだろうか? 情報提供者に感謝!