ブガッティ・ヴェイロンVSマクラーレンF1の対決は下のビデオをクリック

今月から第13シーズンに突入した、イギリスの人気カー番組「トップギア」のエピソード2が、先日イギリスで放送された。中でも注目を浴びたのは、マクラーレンF1とブガッティ・ヴェイロンが1.6kmの距離を競うドラッグレースだ。ここで1つ注意しておこう。これは単なるスーパーカー同士の対決ではない。両車とも市販車としては最高峰の性能を誇り、その価格も最高峰。そんな2台の対決が見られるのはこれが最初で最後かもしれないのだ。

番組が対決場所に選んだのは、ペルシャ湾岸沿いの都市アブダビ。雨とは無縁の乾燥したこの地は、道路がどこまでもまっすぐに伸びており、路面にはくぼみ1つない。ブガッティを運転するのはリチャード・ハモンド、そしてマクラーレンF1の中央に配置された運転席に座るのは覆面ドライバーのスティグだ。結果はここでは伏せておくが、この対決は100%本気であり、これほどハラハラさせられたレースは、長年の「トップギア」を振り返っても例を見ない。

最高時速386kmをたたき出すマクラーレンF1と、世界最速と呼ばれるブガッティ・ヴェイロン。超スーパーカー同士の直接対決の様子はここをクリック。情報提供者に感謝!