フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション(FOTA)とFIAの間に持ち上がった分裂騒動は、FIAのマックス・モズレー会長が今年10月で会長の座を退くことで収束した。モータースポーツファンが次に気になるのは、モズレー会長の後継者は誰か、ということだろう。

後継者についてはあちこちで憶測が飛び交い、何人かの候補者がメディアで取り上げられている。その中で最も有力とされているのが、現モナコ自動車クラブ会長であり、FIA役員でもあるミッシェル・ボエリだ。最近の報道によれば、ボエリはすでにモズレーの責務の一部を引き継いでいるとまで言われている。しかし、モズレー会長はこの報道に反発、ボエリがFIA会長の座に興味があるとは思えないと発言した。分裂の騒動の終盤で次の会長と噂されていたFIA副会長のハーマン・トムツェックも、FIA会長職に興味はないとドイツのメディアに語った。

有力候補に挙げられているもう1人は、長年にわたり次期FIA会長になるのではないかとささやかれてきた、元フェラーリ・チーム代表のジャン・トッド(フェラーリ・チームとFIA側の橋渡しとして期待されている)。これに対し、トヨタ・チーム代表でFOTA副会長でもあるジョン・ハウエットは、「どのチームとも関わりのない人物が会長になるのが好ましい」としながらも、「しかし、会長を決めるのは我々F1チームではなく、FIAのメンバーだ」と話している。

一方モズレー会長は、候補者が複数になった場合、そのうちの1人を支持するとしている。また、すでに報道されているように、モズレー会長は"FOTAがメディアに対して著しく不当な発言をして、今回の同意の本質をねじ曲げた"と訴えており、"FOTAは謝罪すべきだ"と攻撃。もしもFOTA側に謝罪の意向がないのであれば、会長辞任を白紙撤回し、10月のFIA会長選への再出馬も考えている様子だ。これでは、F1とFIAの将来が先行きの見えないものになってしまうのはもちろん、今までの協議自体がムダとなってしまいかねない。解決の道はまだまだ遠いのか。