アウディ A5 Sportbackの高解像度ギャラリーは下の画像をクリック

オートブログのコメンター、Zamafir氏から、発表を間近に控えたアウディ A5 Sportbackスパイショットを入手した。場所はカリフォルニア大学サンディエゴ校。(当然、居合わせた学生も携帯電話で撮影できたわけだ。)その新型アウディの姿には驚きも十分ながら、半分は予想通りといったところか。

Related Gallery:Raving Rabbids: Travel in Time (art)

フロント部分の様子はわからないが、傾斜したリアハッチの形がはっきりと確認できた。ピラーが後部まで伸び、クォータウインドウは細長い形をしている。また、大きなリアウインドウや、後ろがやや跳ね上がったトランクも見て取れる。今度のA5はシルエットがすっきりした印象があり、アウディにも魅力的な5ドアのハッチバックが作れることを証明したようだ。

しかし、アウディが米でA5 Sportbackを売り出すかどうかについては、まだ議論の余地がある。この写真が南カリフォルニアで撮影されたからといって、アメリカでの発売に結びつくとは限らないのだ。9月のフランクフルト自動車ショーで、その全貌が明らかになることを期待しよう。また、7月にはアウディが100周年記念式典を予定しており、その時期に併せて発表される可能性も出てきている。
新型A5は、ガソリン車とディーゼル車が用意されており、S5の改良型であるスーパーチャージャー付き3リッターV6エンジンを搭載したモデルもあるそうだ。アウディの情報サイト、Fourtitudeでは、Zamafiによる詳細レポート(英語)や、さらなるスパイショットが閲覧できる。