BMW M5の高解像度ギャラリーは下をクリック

BMW M5の次期モデルは2011年、もしくは2012年に発売予定となっており、その詳細が徐々に明らかになってきた。

あるレポートでは新型M5でも引き続き、現行で使用されている5リッターV型10気筒エンジンの採用が予想されている。しかし、現在X5MとX6Mに搭載されている4.4リッターV8ツインターボを改良し、採用するという可能性もなくなったわけではない。それにBMWが仮に新型M5に現行のV 10エンジンを継承させたとしても、全面改良し、ツインターボ搭載となるだろう。そうなれば最高出力は608ps以上となり、最高出力580psを誇るライバルのAudi RS 6を上回る。

Related Gallery:APB (wardrobe)

新型モデルの注目すべき点は、パワーだけにとどまらない。BMWはパフォーマンスと燃費の改善に有効とされるKERS(運動エネルギー回生システム)を新型M5に採用する可能性が高い。
KERSとは、2009年からF1で導入が始まった、熱として放出されていた減速時のエネルギーを回収し、機械的または電気的エネルギーとして貯蔵し再利用するシステムのことである。その他にも、アイドリングストップ機構であるストップ&ゴー機能や、8速デュアルクラッチトランスミッションが搭載されると言われている。気になる発売時期については、もし噂が本当ならば2011年にお披露目され、2012年の初めには販売が始まるだろう。