日本の車情報誌『ベストカー』によれば、この秋、レクサスのフラッグシップセダン「LS460」に、新たにスポーティなモデルが仲間入りするらしい。レクサスには、車名に"F"の略号がついたスポーツプレミアムモデル「IS F」が既に存在する。これにちなんで"F"つながりにするのかと思いきや、このスポーツモデルの車名に"F"は付かないようだ。代わりに新型に付く略号は"SZ"らしいのだが、それが一体何を意味するのか分からない。大した意味はないのかもしれないが・・・。

新型のスポーティモデルには、専用ボディにブラックのクローム仕上げのグリルが装備されるようだ。また、足回りはブレンボ社製のブレーキやBBS社製の鍛造アルミホイールが装着予定とも言われている。搭載されるエンジンについては未確認だが、ハンドリングなどもベース車にくらべ、ぐっとスポーティーな味付けになると思われる。購入したいと願うなら、まずは貯蓄だ。もしも噂が現実となり、新型レクサスLS460SZが実際に発売されることになれば、米での価格帯は900万~1000万円になると言われている。
情報をありがとう!