599HGTEパッケージの高解像度ギャラリーは下をクリック

フェラーリ599GTBフィオラノHGTE(ハンドリング GTエボルツィオーネ)パッケージが、ジュネーブモーターショーで発表されたのは3月。今さらと思うかもしれないが、今回、この599HGTEの写真が数多く手に入ったことを記念して、もう一度、この素晴らしいオプション・パッケージの中身を紹介しよう。

Related Gallery:R-Type (iPhone)

さて、このHGTEパッケージだが、装着したとしても、スタンダードモデルの599と見分けられるのは熱狂的なフェラーリファンか、かなりのフェラーリオタクだけだろう。
というのも、外観でいえば、フロント・グリルの微変更、新しいエグゾーストチップ(排気口)とリアディフーザー、特注の20インチホイールというくらいの違いしかないからだ。しかし、実はこのパッケージの特徴は、最新のSMCサスペンション(磁気粘性流体サスペンション制御システム)と改良されたスプリングにある。より足回りを高性能化し、ハンドリング性能を市販車ではトップレベルに引き上げている。この性能アップに加え、素材にはアルカンターラ(スエード調合成皮革)とカーボンファイバーがプラスされて、かかる費用は米で400万円ほど。しかもそのスタイリッシュなスポーツシートには"Handling GTE"の刺繍が施されるというおまけ付きだ。決して悪い話ではない。詳細は下のギャラリーとプレスリリース(英語)で。

Related Gallery:R-Type (iPhone)