このありえないほど車体が長く、そして車高が低い「GT by シトロエン」は、ソニーのプレイステーションが誇る人気ソフト「グランツーリスモ」(GT)との共同開発によって生まれたコンセプトカー。
仮想空間だけを走っていた車が、なんと現実のロンドンに飛び出してしまったのだ。

Related Gallery:GTbyCitroen in London

もともとは、フランスの自動車メーカーのための話題作りと、何度も延期されたグランツーリスモ(GT)の次シリーズのためにデザインされたGT by シトロエンだが、あまりの反響の大きさに、限定版で生産する可能性が非常に高いと噂されている。実現すれば、たぶんフォードかGMのV8エンジンを搭載することになるだろう。

写真のGT by シトロエンは、ピカデリー通りを(撮影のために)カタツムリのようなペースで走っていたが、7月3日から開催されるイギリスの「グッドウッド フェスティバル オブ スピード」への参加が決定しており、当日は全長約2kmのグッドウッドヒル(一般道)をカッコよく駆け抜けてくれるに違いない。
下にプレスリリース(英語)とギャラリーがあるので、興味のある方はそちらもチェックして欲しい。