年内の発表が待ち遠しい4シータースポーツカー、アストンマーティン ラピードが、イギリスの車雑誌『Car Magazine』の読者によってスパイショットされた。
その幸運な目撃者によると、後席は空間を仕切るために、メルセデス・ベンツCLSのようなセンターコンソールが装備されていたそうだ。

アストンの説明によるとリアシートは、「小さな子どもはもちろん、大人2人が座っても短距離のドライブであれば問題ない広さ」であるという。その他にも、今回キャッチしたラピードのリアの左右には太いエキゾーストパイプが装着されており、期待どおりの豪快なエンジン音が今にも聞こえてきそうだ。
また、ラピードはV8ヴァンテージと同じくハッチバックとなっており、スポーツカーでありながら収納スペースも設けられている。荷物を積めるトランクがあるのは非常にありがたい。
ラピードの今後の動向から目が離せなくなりそうだ。