Reed Speedフォード マスタングの高解像度フォトは上の画像をクリック

マスタングのチューナーは星の数ほどこの世にあるが、アメリカのフォード専門ディーラー、
Randall Reed社は自社の店舗とその他、いくつかのディーラーからフォード マスタングGTをベースにした「オリジナル特別バージョン」を発売することになった。
チューナーのArtisan Performanceと組んでRandall Reed社が作ったReed Speed SSEには
Total Seal社のピストンリングがついた専用ピストンが採用され、ブースト圧は0.83bar。
デュアルインタークーラーとArtisan Performanceのツインターボチャージャーを搭載している。
Randall Reedによれば、出力は710psでマニュアル車のみになるそうだ。

改良されたのはエンジンだけではない。
ブレーキにはStainless Steel Brakes Corporation (SSBC)社製の14インチローターと6ピストンキャリパーを採用。
ボディは、フロントで約4cm、リアで約8cmワイド化されている。ホイールはiForged社製の20インチ。

さらにBASF社による、ツートンカラーの塗装やライト部のスモーク化が外観をスタイリッシュに仕上げている。
そしてすべてのReed Speedマスタングにはシリアルナンバーと「オーナーズパッケージ」の文字が入る。
夏の終わりごろの発売になるらしいが、値段はまだ明らかにされていない。

Related Gallery:Reed Speed 2010 Ford Mustang GT