7度の世界チャンピオンに輝いた経歴を持つ元F1ドライバーのミハエル・シューマッハは、スーパーバイク世界選手権への出場以外にも、最新のフェラーリをテストすることで興奮を味わっているようだ。
今回、彼が徹底的にテストを行った車は599GTBフィオラノ「ハンドリング GT エボルツィオーネ(HGTE:Handling GT Evoluzione)パッケージ」

Related Gallery:Schumacher Tests the Ferrari 599 HGTE

この車は、フェラーリ車の中でも最もパワフルなV12エンジンを搭載する599に、よりシャープな足回りと素早いアクセルレスポンスを実現させた車だ。
2番目のビデオでは、シューマッハがフェラーリの開発に携わった感想について知ることが出来る(英語)。

シューマッハがこの新型599を試したのは、フェラーリオーナーのために4つのコースが設けられた公式ドライビングスクール「ピロタ・フェラーリ」のコース上。
彼は最初のビデオで、レースだけでなく日常の運転にもドライビングスクールは有効だと述べている。
しかし彼が言及している「車の限界」というのは、ピロタ・フェラーリで599GTBフィオラノ HGTEパッケージを運転している場合と、ポンティアックで近所を運転している場合とでは明らかに異なるだろう。